あるある知恵袋

30代スピリチュアル女子のブログです。天使からのメッセージを紹介しています。恋愛、金運、ツインレイ、パワーストーンのことも!

アーモンドオイルを使ったシンプルな美容法を紹介します。

   


天然由来のピュアなオイルを用いたスキンケアのオイル美容法は、今や多くの方が取り入れている方法です。

オイル美容に用いられるのは、オリーブオイルをはじめココナッツオイルやホホバオイルなど植物由来のものがメジャーですね。

これらのピュアオイルは、それぞれ使用感や効果が様々です。

自分の好みや理想に合わせて、最適なオイルと出会いたいものです。

中でもアーモンドオイルはアーモンド由来の栄養素を豊富に含み、食用や美容用オイルを用いることで健康と美容の効果を期待できます。

栄養価の高いアーモンドオイルで注目したいのは、不飽和脂肪酸の一種オレイン酸の含有率です。

オレイン酸はお肌の皮脂を構成する主たる脂肪酸で、皮膚を柔らかくする効果が期待できるのです。

ごわごわや小じわなど、疲弊して柔軟性に欠いたお肌のトラブルを抑えたり改善させたりします。

またアーモンドオイルにはビタミンEも豊富に含んでいることから、その高い抗酸化作用によって老化対策に働きます。

さらに代謝を促すビタミンB2はお肌のターンオーバーを促進させるので、あらゆる肌トラブルに負けない健やかなお肌へと導くのです。

カルシウムやマグネシウム、鉄分など生活習慣やストレスで不足しがちな様々なミネラルも含んでおり、アーモンドオイルのバランスのとれた高い栄養価はスキンケアに取り入れて損はありません。

スポンサーリンク

テクスチャーや使い心地は?

アーモンドオイルは、ピュアオイルの中では比較的さらっとしたテクスチャー。

マイルドな肌当たりで伸びが良く、優しく肌に馴染みます。

オイルというと肌表面をコーティングするようなイメージがありますが、アーモンドオイルの場合はコーティングされる感覚というよりも、お肌に浸透する感覚です。

ツヤ感もオイルにしては少なく、お肌に塗った仕上がりは表面ではなく内側からしっとりとしています。

オイルの中ではみずみずしい仕上がりとも言えるでしょう。

肌表面にコーティング感が無いとマッサージで滑りづらいのですが、アーモンドオイルの場合は内側からお肌をふっくらとさせてくれます。

ですから、マッサージによる摩擦はそれほど感じません。

むしろアーモンドオイルを使い続けて、ふっくらとしたお肌を育むことで摩擦の心配も減りマッサージしやすくなるでしょう。

メーカー等にもよりますが、微かにアーモンドの香りがする場合もあるので、アロマ効果も期待できますね。

お肌への浸透力があるので、塗った後もベタつきが少なく済みます。

またオイル特有のテカリもあまりないので日常的に使いやすいですし、ピュアオイル初心者にも優しい使い心地と言えます。

注意すべきは、アレルギーです。

ナッツアレルギーやアーモンドアレルギーの方は気を付けましょう。

スポンサーリンク

おすすめのアーモンドオイル活用方法

さらっとしていて、オイルの中ではふっくらとみずみずしい仕上がりのアーモンドオイルは、様々な活用が期待できます。

オイル美容では定番のオイルパックは、もちろんアーモンドオイルでもおすすめです。

オイルパックは、素肌にオイルを塗って入浴するなどしてしばらく放置。

その後優しくマッサージしてから、たっぷりの泡で洗顔します。

ピュアオイルなので完全に洗い落とさなくても良く、軽い力で洗顔するのが良いでしょう。

アーモンドオイルでのオイルパックでは、洗顔後のお肌もふっくら、もっちりと感じることがあります。

オイルがお肌に浸透すると、汚れや余分な皮脂などを浮かせるとともにアーモンドの栄養が浸透していくのです。

ふっくら、もっちりとした洗顔後のお肌は、化粧水の浸透も良いように感じることができます。

肌表面へのコーティング感が少ないアーモンドオイルなら尚更、化粧水の浸透の良さも感じられることでしょう。

シンプルに、優しいオイル美容

嬉しい効果が沢山詰まったアーモンドオイルは、数あるオイルの中でも使いやすさ抜群です。

あれこれと買いそろえるのではなく、シンプルに済ませることでお肌への刺激はより少なくできそうですね。

スポンサーリンク

 - 美容とダイエット