あるある知恵袋

アラフォー女子でスピリチュアルカウンセラーです。エンジェルナンバー、ツインレイ、恋愛、金運のことを書いています。

美肌の基本は保湿です。水分と油分のバランスが大切です。

   

私は30代の会社員です。

7年程前までは超乾燥肌で、なおかつ超敏感肌でした。

夏が終わり、秋になる9月の終わり頃からは口の周りの皮が剥け、悲惨な状態になります。

皮膚科に行き、「これは刺激がないから」と処方してもらった尿素の保湿クリームも、つけるとヒリヒリで、絶望的でした。

でもその後、エステに通い始め、肌が強くなり、乾燥も治まってきたんです。しかし、調子に乗っていたら、またまた悲しいことに・・・。

私がこの7年、経験から学んだスキンケアのこと、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

美肌の基本はとにかく保湿!

出張で県外に出かけ、夜、同僚達と居酒屋へ。

帰宅してその時の写真を見て大ショック!なぜかというと私の顔だけ赤い!しかもシミが目立つ!

これは大変、何とかしなくちゃと、初めて、近くのエステサロンを訪れました。

「あの・・・、赤ら顔とこのシミを何とかしたいんですけど。」そして、1週間に一度エステに通うことになったんです。

そのエステはシミ取りで有名でした。「私もシミのない肌になるのね。」私は期待に胸を膨らませたのですが、エステの人が言うには、「お客様のお肌は大変乾燥していますね

。まずは保湿が優先です。」そしてシミ取りなんかずっと先の話で、私は毎回保湿をしてもらうことになったのです。

ちょっと残念でしたが、通ううちに肌が強くなり、日光や化粧品による刺激をあまり感じなくなってきました。

機械で肌チェックをしてもらうと、最初に比べて潤い度がはるかにアップし、キメもきれいに整ってきたのが分かりました。

そして、いよいよシミ取りに挑戦できるようになったのです。

シミ、くすみ、たるみ、肌の悩みはいろいろあっても、まずは保湿が最優先ということがよく分かりました。

保湿のためには水分と油分のバランスが大事

保湿の大切さが見に染みて分かった私は、保湿の成分についてもいろいろと調べるようになりました。

そして、保湿のためには水分だけでなく油分も必要であり、そのバランスが大事だということに気がつきました。

角質層には細胞間脂質というものが存在し、何層も積み重なったレンがのようになっており、その隙間をセラミドなどの脂質が埋めていて、水分が逃げるのを防いでいます。

そうやって、保湿ができているのです。

ですから水分と油分のどちらも十分にないと、乾燥肌になってしまうのです。

私は乾燥をなんとか改善しようと、一生懸命に化粧水をつけていましたが、その後に油分を補うことをあまりしていませんでしたので、乾燥から脱出できないでいたのですね。

スポンサーリンク

自分の肌状態を毎日チェックすることがとても重要!

保湿も改善され、スキンケアに関する知識も少々増えた私はちょっと自信が出てきました。

肌が健康になり、新しい化粧品を試してもヒリヒリするということがなくなったのです。

そうしたら欲が出てくるのですね。

「じゃ、今度は目尻のシワをなくそう。」とか「将来に備えてたるみ予防をしよう。」とかやりたいことが増えていきました。

巷では毎日、化粧品の情報が溢れています。どのメーカーも「自分のところの製品が最高ですよ。」とPRしています。

プラセンタ、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、レチノール・・・魅力的な美容成分の名前が聞こえます。

それらを見聞きする度、私の心は動き、いろいろな商品を買うことになりました。

「これを使ったらすぐにお悩み解決ですよ。」と言っているように聞こえ、少々高額なものまで、定期購入を始めたりしてしまったのです。

でも、なぜか顔に赤い斑点が・・・。そしてカサカサも。絶対、美肌になるはずのケアを毎日やっているのに、どうして?

最近、デパートのある化粧品売り場で肌チェックをしてもらって、唖然となりました。肌表面の角質層は潤っているけど、真皮層は水分不足で、おまけにキメはほとんどない状態。何とインナードライになっていたのです。

肌が良くなったからと調子に乗って、いろいろなことに挑戦した結果、肌の中の保水がおろそかになり、結果、肌はまた以前の悲しい状態になろうとしていたんですね。

私は自分のしていたことを深く反省しました。そして、いろいろな情報に惑わされずに、毎日、自分の肌状態をチェックしながら保湿に力を入れようと決心しました。

まとめ

私のしていたことは、子どもの状態をよく観察せずに、「おいしいからこれ食べなさい。」と無理にごちそうを食べさせ、子どもを不調に陥れるのと同じだったのだと思います。

お肌も子どものように育てるもの。

皆さん、毎日、ご自分の肌状態をしっかりとチェックし、その時に最も必要なケアは何かを見極められるようになりましょう。

スポンサーリンク

 - 美容とダイエット

error: Content is protected !!