あるある知恵袋

アラフォー女子でスピリチュアルカウンセラーです。エンジェルナンバー、ツインレイ、恋愛、金運のことを書いています。

美容オイルの種類と使い方

   

近年、美容オイルを使ったスキンケア方法がブームとなっています。

美容オイルの魅力は高い浸透力による、肌馴染みの良さと言えるでしょう。

自分のスキンケアにも取り入れたいけれど、種類が多くて何を使えば良いかわからないと悩んでいる人もいるかと思います。

オイルを使用することで肌質の改善やエイジングケア効果が期待できます。

スポンサーリンク

美容オイルの種類

美容オイルは種類豊富で、その中でも有名なアルガンオイルやホホバオイルなどは植物から採取された油です。

純度100%の天然素材から抽出されたオイルで、添加物・防腐剤などが含まれていない物を選びましょう。

アルガンオイル

モロッコの砂漠地帯で採取できる、非以上に希少価値が高いオイルです。

ビタミンEが豊富で肌の酸化防止、シワやシミの抑制、肌の潤いを保護し柔らかくする効果があります。

また、ヘアケア用品にも多く含まれる成分で傷んだ髪の修復効果があります。

ホホバオイル

ホホバオイルはワックスエステルという人間の肌の角質層にも含まれる成分で構成されているオイルです。その為べたつき感が少なく、肌馴染みが非常に良いのです。

抗酸化作用が高く天然の防腐剤として多くの化粧品にも使用されており、幅広い肌質の人が使えるオイルです。

オリーブオイル

食用と同じくビタミンが豊富で、肌のハリと潤いを保つ効果があります。

毛穴の黒ずみや角栓を落として肌を綺麗にしてくれる効果も高いため、クレンジング剤にも多く用いられるオイルです。

ただし、同じオリーブオイルでも美容オイルは不純物を取り除いてあるので安心ですが、食用を肌に乗せるのは肌荒れなどの肌トラブルのリスクが高いのでやめましょう。

ローズヒップオイル

バラの種子「ローズヒップ」から抽出されたオイルで、1kgからわずか3gしか採取できない大変稀少なものです。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含むため、シミ、しわ、くすみを防止し、美白効果と肌の老化を防ぎます。

スポンサーリンク

美容オイルの使い方

スキンケアで美容オイルを使う際の順番ですが、洗顔後の化粧水を付ける前がオススメです。

化粧水の前にオイルを付けてしまうと肌に蓋をしてしまって、水分が浸透しないと不安に思う人もいるかもしれませんが、実はその逆で、次に使う化粧水のブースターの役割を担ってくれます。

美容オイルには肌の角質層に浸透して肌を柔らかくする効果があるので、化粧水が浸透しやすくなるのです。

その他にも美容オイルは肌のマッサージにも使えます。

少し多めに手に取って優しく顔をマッサージすると、保湿しながら効果的にシワやむくみ解消が出来ます。

顔のケアにはもちろんのこと、全身に使うことが出来るのもオイルの魅力と言えるでしょう。

お風呂やシャワー後に全身マッサージをしながら塗り込むと、翌日の肌はしっとりと潤っています。

肘やかかとなど、乾燥とごわつきの気になる部分には、多めに取ったオイルを使ってしっかりマッサージをしてからお湯で洗い流すと、しっとり柔らかい肌へと変わっていきます。

ヘアケアオイルとしても非常に優秀です。

乾燥によるうねりやごわつきに悩む髪にも、高いトリートメント効果が見られます。

タオルドライ後に馴染ませてからブローをすると、まとまりと艶のある髪へと仕上がります。

週に一度ほど、乾いた髪にたっぷりと付けて頭皮のマッサージをしてからシャンプーをすると、スカルプ効果も発揮してスッキリします。

使い方がわからず美容オイルを嫌煙していた方は、是非この機会に日頃のスキンケアに取り入れてみてください。

美容オイルは、オイリー肌の人にもおすすめです。

より皮脂の分泌が増えてしまうと不安になるかもしれませんが、実はその逆です。

洗いすぎによる皮脂の過剰分泌を抑えることができて、肌質改善にも繋がりますので、乾燥肌や敏感肌の人はもちろんのこと、オイリー肌で悩んでいる人も積極的に使ってみて欲しいと思います。

オイルを使うだけで肌質改善出来たり、アンチエイジング効果が得られるなんて簡単で嬉しいですよね。

一度に使用する量も少なくて良いので、コスパも非常に高いです。

寒さや乾燥の気になる冬や、肌の調子が崩れやすい季節の変わり目に加え、冷房で乾燥しやすい夏にもオイルはおすすめです。

自分にあった美容オイルを探して、ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

スポンサーリンク

 - 美容とダイエット

error: Content is protected !!