あるある知恵袋

30代スピリチュアル女子のブログです。天使からのメッセージを紹介しています。恋愛、金運、ツインレイ、パワーストーンのことも!

夏に乾燥肌が起こる原因と効果的な保湿方法

   


汗をかいて肌がベタつきがちな夏ですが、肌がつっぱったりメイクののりが悪かったりして乾燥していると感じることも少なくありません。

暑い夏に乾燥肌が起こってしまう原因と、手軽にできる保湿方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

紫外線によって起こる夏の乾燥肌

夏に肌が乾燥してしまう大きな理由の1つが、降りそそぐ強い日差しによる紫外線です。

紫外線を浴びると天然保湿因子NMFが減少し、角質層が大きなダメージを受けてしまいます。

そのため肌の生まれ変わりであるターンオーバーがスムーズに行われなくなり、新陳代謝が滞って肌が本来持っている保湿機能が衰えてしまうのです。

□紫外線対策で乾燥肌を防ぐ

夏の強い紫外線によって起こる乾燥肌の保湿対策で大切なのは、紫外線によるダメージを防ぐために日焼け止め対策をきちんを行うことです。

外出時には日焼け止めクリームを使用するのはもちろんですが、乾燥肌のためには肌のバリア機能を守ってくれるセラミドや肌を潤してくれるヒアルロン酸など保湿成分が配合されている日焼け止めを選ぶようにしましょう。

汗をかくと日焼け止めクリームは、汗と一緒に流れ落ちてしまいます。

長時間外出をする時には日焼け止めを持ち歩いてこまめに塗りなおすことが、天然保湿因子を紫外線によって減少させない大切な保湿対策になります。

UVカットの日傘や帽子なども活用して、紫外線によって起きる肌の乾燥を防ぎましょう。

エアコンによる空気の乾燥も乾燥肌の原因

暑い夏にはオフィスや店舗、自宅など、ほとんどの場所でエアコンによる温度調節を行っています。

エアコンから吹き出る風が直接肌にあたると、水分が飛ばされて乾燥が進んでしまいます。

外で多量の汗をかいた後エアコンの風にあたると、汗が蒸発するときに皮脂も一緒に奪っていってしまうので、乾燥肌の人には特に注意が必要なのです。

エアコンによる冷房はできるだけ風速や風量を抑えるようにし、風が直接肌にあたらないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

□外側と内側から水分補給

エアコンによって乾燥肌になっている時の保湿方法としては、肌にミストを吹きかけて水分を補給した後、保湿成分が配合された美容液やオイルを少量取って手のひらでよく伸ばし軽く押さえるようにして肌を潤すのがおすすめです。

水やスポーツドリンクなどを飲んで十分に水分を補給し、身体の内側から乾燥を防ぐことも、夏の乾燥肌の保湿方法として大切です。

夏によくみられるインナードライ肌

  

夏の肌は洗顔してもすぐベタつくくらい皮脂が分泌されているので保湿方法を考える必要は無いと考えている方もおられると思います。

しかし、肌の水分量が少なく乾燥しているために、肌が自らを守るために皮脂をたくさん分泌するという、インナードライの状態に陥っていることも少なくありません。

肌の表面は皮脂でベタついているけれど内側はカラカラに乾いているというのが、インナードライによる夏の乾燥肌の特徴なのです。

□夏のスキンケアにも保湿が重要

インナードライの乾燥肌になると、頻繁に皮脂を拭きとったり洗顔をしたりして皮脂を取り除くことに力を入れてしまいがちですが、これでは皮脂の分泌を一層増やすことになって逆効果です。

ベタつきを気にしてスキンケアを化粧水だけにしたりせず、真皮にまで潤いを与えてくれる美容液や、潤いを閉じ込めて逃がさないフタの役割りをしてくれる乳液やクリームを使って乾燥肌のケアをすることが、夏の乾燥肌の保湿方法として大切です。

まとめ

夏の乾燥肌が起こる原因の代表的なものに、降りそそぐ紫外線やエアコンによる空気の乾燥、インナードライなどがあります。

保湿方法としては日焼け止め対策をしっかりして紫外線による肌の乾燥を防ぎ、エアコンの風を避けてミストや美容液などで肌を潤しましょう。

肌がベタつく夏でも、美容液やクリームを使って保湿対策をすることも大事です。

スポンサーリンク

 - 美容とダイエット