あるある知恵袋

30代スピリチュアル女子のブログです。天使からのメッセージを紹介しています。恋愛、金運、ツインレイ、パワーストーンのことも!

一人暮らしの食事はめんどくさい?楽でバランス良い食事は?

   


30代女性の一人暮らしをしています。

一人暮らしをしていると、どうしても仕事が優先してしまい、家事が疎かになってしまいがちです。

洗濯や掃除はまとめてできるとしても、食事に関しては毎日のことなので、時には面倒に感じてしまうこともあります。

平日をできるだけ楽に過ごすために私がしていることは?

スポンサーリンク

1.休日にまとめておかずを作っておく

仕事が終わってから家に帰って、新たに夕食を作るのはけっこう面倒なものです。

気分転換に料理をする程度なら良いですが、毎日となると負担に感じてしまうことも少なくありません。

結局、面倒になってしまい、スーパーやコンビニなどで出来合いのものを食べることが多くなってしまいます。

しかし、これが続くと栄養のバランスが崩れてしまい、健康な体を維持していくのが難しくなってしまいます。

また、経済的にも食費にかかるコストが高くなってしまいます。

これらを改善するためにも、休日を利用してまとめておかずを作っておくのも一つの方法です。

栄養のバランスを考え、野菜とたんぱく質のおかずを両方用意しておくようにします。

冷蔵や冷凍保存出来るおかずを作り、ストックしておけば、いつでも食べたい時にすぐに食べることができます。

中にはレンジで解凍するだけで、そのまま食事ができるように作ったものもあります。

家に帰ってすぐに食事ができる状態であるということは、精神的にもかなり楽になります。

平日はなるべく仕事に集中して、家ではリラックスできる工夫を行うようにしたいものです。

スポンサーリンク

2.昼食のお弁当も休日に作っておく

平日の昼食は外食という場合は別ですが、食費を抑えるためにもお弁当持参という場合もあるでしょう。

しかし、平日の夕食作りが面倒に感じている上、さらにお弁当作りとなると、さらにやる気が起きないかもしれません。

そこで、休日を利用してお弁当を作っておくというのも一つの方法です。

私は最初の頃はお弁当のおかずを作って冷凍保存していました。

しかし、その都度お弁当箱に詰めていく作業も面倒に感じるようになり、お弁当そのものを1週間分作って冷凍保存しました。

ご飯は別の容器に入れて冷凍保存することで、平日の朝はご飯の方だけを解凍して持って出かけます。

おかずは自然解凍で食べられるので、そのまま持って行きます。

1週間のお弁当を作る手間が省けた分、精神的にも時間的にもかなり楽になりました。

また、時間のない朝に適当におかずをお弁当に詰めていた頃に比べると、休日の時間のある時におかず作りができるので、中身も充実したものを詰めることができました。

かなり忙しい時期は2週間分のお弁当を作ったこともありました。

これで平日は食事作りの負担から解放され、貴重な平日の夜の時間をリラックスできるようになりました。

3.休日前は好きなものを食べる

いくらストックおかずがあるからと言っても、毎日そればかりだと飽きてしまいます。

そこで私は休日前には食べたいものを食べるようにしました。

普段はめったに食べないジャンクフードでも、時々無性に食べたくなることがあります。

健康に良いものを食べることが基本ですが、時にはそれをあまり考えないで食べたいものを食べることも、精神的にも解放されて良いのではないかと思っています。

翌日以降は再び、健康を意識した食事に戻せば、それほど問題はないと思います。

もちろん、体質や食の好みなどによって食べるものは変わってきますが、健康が維持できる範囲の食事ならば、時にはハメを外したくなるものです。

休日前や休日は睡眠不足を解消することも大切だと思っています。

そのため、多少睡眠が長くなっても、疲労を感じなくなるまで眠るようにしています。

毎日の睡眠が足りていればそれが一番良いですが、仕事が忙しいとなかなかそうもいかなくなってしまいます。

平日をできるだけ楽にするためにも、休日の工夫が必要だと感じています。

スポンサーリンク

 - 日記