あるある知恵袋

アラフォー女子でスピリチュアルカウンセラーです。エンジェルナンバー、ツインレイ、恋愛、金運のことを書いています。

職場の嫌いな人の対応、根本から縁切りをする。

   

こんにちは(^^♪

スピリチュアルカウンセラーのmiyuです♪

職場には、どうしても波長の合わない人がいるものです。

嫌いな人を無理に好きになる必要はありません。

分かり合えない人とは、分かり合えないままでいいと思います。

まず、「皆から理解されたい」という思考を捨てましょう。

「皆から良い人だと思われたい…」「皆から愛されたい…」という気持ちを失愛恐怖と言います。

失愛恐怖に怯えて生きていると、本当の自分を見失います。

理解してくれる人だけに理解して貰えば良いし、分かり合える人とだけ分かり合えれば良いという考え方が大切ですね。

「嫌いな人とも仲良くするのが大人」とは昔の考え方です。

人間関係の上辺にペンキを塗って誤魔化しても意味がありません。

本当の自分に正直にいることがスピリチュアル的には重要です。

スポンサーリンク

職場の嫌いな人の対応方法

職場の嫌いな人とは、想念の世界で"さよなら"をしましょう。

嫌いな相手には、想念の世界で職場から辞めて貰いましょう。職場から消すわけです。

想念の世界で消すことで、相手から受ける波動も少なくなるので、少しは楽になります。

嫌いな人を辞めさせるおまじないが有効です。

関連記事

>>【職場の嫌いな人の対応】辞めさせるおまじないが有効でした

おなじないは、一回で効果のある人もいれば、数回唱えて効果の出る人もいます。

現実をいきなり動かすことは難しいですが、想念の世界は比較的容易に動かすことが出来ます。

今は、相手の存在へ意識を向けないことが大切です。

おまじないで、一旦切りましょう。

相手に意識を向ければ、相手から返ってくることになります。憎悪が膨らむだけです。

なので、おまじないを使って、想念の世界でしっかりと縁切りをしてください。

職場ではどう対応すべきか?

できることなら、現実の職場でも関わらないことですね。

同じ部署や直属の関係であれば難しいですが、それでも必要以上に関わらないことです。

そして、もし、主張があればしましょう。

喧嘩や仲たがいをすすめるわけではありません。

ただ、喧嘩や仲たがいを避けるために、言いたいことを呑み込むのは止めましょう。

主張を呑み込めば、相手は貴方からエネルギーを奪うかたちになり、より一層、パワフルになって行きます。

より嫌な人になって行くということです。

一言からでも良いです。

言いたいことは言いましょう。

主張をするたびに、相手のエネルギーは小さくなって行きます。

少しずつ、少しずつ、相手のエネルギーを抜いて行きましょう。

冷静に主張するところがポイントです。

冷静な主張は貴方をパワフルにします。

スポンサーリンク

人間関係の思い込みを捨てること

誰かに見捨てらえる不安を抱いていませんか?

「私は一人では生きていけない…」と思っているなら、その思い込みを捨ててください。

実際はそうではありません。

一人でやっていけないことはありません。

見捨てられたらお終いということもありません。

自分を信じていれば、自らの守護神が必ず助けてくれます。

多くの人に見捨てられたとしても、どこからか貴方を理解する人が現れたりもします。

辛い場面が訪れても、辛い場面をしのいでいれば、必ず誰かが認めてくれます。

捨てる神あれば拾う神ありです。

一人の時間を持つことが大切です

自分らしく生きて行くには、一人の時間が大切です。

職場などで、他者との関係の中に紛れていうていると、自分を見失ってしまいます。

自分で自分のことが分からなくなります。

そんな時は、一人に時間を大切にしてください。

一人の時間を持つことで、自らの内なる声に耳を傾けることができます。

「本当の自分は何をしたいのか?」

「本当の自分はどう生きたいのか?」

「本当の自分は何を主張したいのか?」

を聞くことができます。

一人でいることで、本当の自分からのメッセージを聞くことができます。はじめて本当の自分になれます。

そして、本当の自分を生きている人間同士が触れ合った時こそ、調和の出逢いが起きます。

自らが他者との関係の中に紛れていうていると感じたら、一人の時間を持ってみてください。

本当の自分に気付いてください。

職場の嫌いな人の対応方法の体験談

職場には嫌いな人がいるものです。

私にも、分かり合えない大っ嫌いな上司がいました。

しかし、すべてのことは必然です。

因果応報です。

まずは、それを受け入れることです。

そこに意味があります。

受け入れることで、嫌いな相手が存在する意味が見えて来ます。

ある日、私は、嫌いな人が運んで来るメッセージに気が付きました。

そして、「皆から良い人だと思われたい…」という私の想いが、この嫌な人を引き寄せていました。

私は、その想念を捨てました。

その時に有効だったのが、一人の時間です。

一人の時間を持つようにし、孤独に強くなりました。

「最悪、一人でも生きていける」と思えるようになりました。

すると、職場でも、嫌いな人にも、自分の主張ができるようになりました。

自分の主張をするようになると、嫌いな人の方から私を避けるようになって行きました。

避けるというよりは、自然と距離が生まれて行きました。

その嫌いな人は、その後、転勤をして行きました。

要は、私の学びが終わったわけです。

これこそが真の縁切りだと思います。

根本から縁が切れました。

今は、その上司と無関係になり、せいせいしています。

スポンサーリンク

 - おまじない

error: Content is protected !!