あるある知恵袋

アラフォー女子でスピリチュアルカウンセラーです。エンジェルナンバー、ツインレイ、恋愛、金運のことを書いています。

【引き寄せの法則】理想の異性と出逢うには悪縁を断つこと!!

      2018/09/13


こんにちは(^^♪

スピリチュアルカウンセラーのmiyuです♪

「運命の出逢いがない…」「理想の恋愛を叶えたい…」「悪縁ばかり…」と思う方必見です。

引き寄せの法則を理解し、運気を好転させて、運命の出逢いを実らせる秘訣を紹介します。

スポンサーリンク

悪縁も引き寄せの法則が関係しています

「私のまわりにいるのは、駄目男ばかり…。私って、男運がない…」という女性の友人がいました。

確かに、彼女のまわりにはあまりいい男がいません。

彼女がお付き合いする男性は、どちらかというと、女性を不幸にするタイプばかりです。

私から見ても、「よくぞまあ、悪縁ばかりを引っ張ってくるな。彼女の運命の人はどこにいるのだろう?」という感じです。

しかし、実は、これが引き寄せの法則です。

宇宙には「引き寄せの法則」が働いています。

彼女の場合、引き寄せの法則が働いて、悪い男を引き寄せています。

彼女が出逢う人は、全て彼女が引き寄せています。

彼女の放つ波動があり、その波動に共鳴した人が集まっています。

悪縁を引き付ける波動を放っているということです。

運命の出逢い、理想の恋愛を引き寄せるにはどうしたら良いでしょうか?

部屋の掃除と同じ要領です。

部屋を綺麗にする時、まずは、ゴミや要らないものを捨てますよね。

人間関係も同じです。

まずは、悪縁や腐れ縁、不要な縁を整理することです。

アドレス帳やSNSのリンクを確認してください。

そして、不要な縁は徹底的に削除しましょう。

既に連絡を取ることのない人は、元親友や昔からの縁でも切るようにしましょう。

「もったいない…」「失礼だから」などの余計な考えは捨ててください。

思い切って連絡先を削除することが、良縁を引き寄せるには非常に大切なことです。

スポンサーリンク

損得勘定で相手を見るのを止めましょう

人間関係を整理したら、次のステップへ移りましょう。

それは、人間関係への思考を変えることです。

具体的にいうと、相手に求める条件を見直すことです。

特に、損得勘定で相手を見ている場合、その価値観を捨ててください。

損得勘定で相手を選ぶと、必ず魔物に騙されます。

理想の相手が時間と共に変化し、「悪縁だった…」ということになります。

悪縁の相手程、貴方の理想に応える仮面を付けて現れます。

そこに騙されないことです。

それには、損得勘定で相手を見るのを止めることです。

ここ凄く大切なところです。

理想の相手を見極める秘訣

恋愛において、理想の相手を引き寄せ、その人を見極めるにはどうしたら良いでしょうか?

それは「この人となら、どんな苦労をしても良い」という思考で相手を選ぶことです。

これを繰り返していると、自然と悪縁や腐れ縁は去って行きます。

そして、神様が味方して、運命の出逢いや理想の相手を引き寄せます。

自分を取り囲む人間関係が変わり始めるので、自分でも「あら、何か変わった」と思えます。

それが恋愛運の好転反応であり、運命の出逢いの前兆です。

恋愛が叶うサインです。

欲望を捨てると良縁がやって来ます

「お金持ちになりたい」「贅沢な暮らしがしたい」「海外旅行へ行きたい」などの強い欲望を持っていると、悪縁を引き寄せます。

悪縁を引き寄せているのは、貴方の欲望です。

良縁を引き寄せ、幸せに暮らすには、この欲望を捨てることが大切です。

「えーーー、そんなの夢も希望もない…」と思う方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、宇宙には、引き寄せの法則が働いていて、欲望を持っていると、悪縁を引き寄せ、不幸な体験をすることになります。

幸せになるには、いったん、全ての欲望を捨てることです。

スピリチュアル的に言えば、得たければ捨てることです。

自分の幸せを求めるきっかけとして欲望が必要でした。欲望が原動力となりました。

しかし、幸せへ達するには、その欲望を捨てることです。

「欲望から入って、いかに欲望から離れるか」

これこそが、引き寄せの法則を利用する秘訣です。

理想の恋愛を引き寄せる秘訣です。

ちょっと難しかったですかね?

でも、ここに理想の恋愛を引き寄せる鍵が隠されています。

まとめると、良縁を引き寄せるには、現在の不要な縁を全て削除することです。

そして「この人となら、どんな苦労をしても良い」という条件で相手を選ぶことです。

さらには、欲望を手放していくことですね。

そこまで行くと、貴方のお隣には素敵なパートナーが存在しているはずです。幸せな時間を過ごしていると思います。

スポンサーリンク

 - 恋愛と結婚

error: Content is protected !!