あるある知恵袋

30代スピリチュアル女子のブログです。天使からのメッセージを紹介しています。恋愛、金運、ツインレイ、パワーストーンのことも!

『ツインソウルと別れたい…』その時、考えるべきことは?

   


こんにちは(^^♪

スピリチュアルカウンセラーのmiyuです♪

恋愛は辛いものです。

沢山の試練が訪れます。

そして、もう1つ、恋愛は不思議な力で動きます。

時より、想定外の方向へ動きます。

また、決断を迫られる時もあります。

色々とありますが、1つ言えることは、どんな恋愛も、自らの魂を磨くには最高のものです。

「40代前半独身女性、ツインソウルの彼が既婚、喧嘩が多くなり、将来を不安に思い、別れを考えている」という女性から相談を受けました。

ツインソウルと出逢い、素敵な時間を過ごしていても、次第に喧嘩をするようになり、2人に距離ができる出来事が訪れます。

試練が重なり、それに加え、相手が既婚だったりすると、将来が不安に思えて来て、「別れたい…」と考えることもあるでしょう。

そんな時、どうすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

肩書+年収+外見=人間性ではありません

私が思ったのは、この女性は、ツインソウルを勘違いしていると思いました。

この女性の男性を見る価値観が「肩書+年収+外見=人間性」となっています。

その条件に合う男性を見ると、胸のときめきを感じるようです。

そして、その胸のときめきを、ツインソウルとの出逢いと勘違いしているようです。

ツインソウルとは、どんなことがあっても、苦労を共にできる相手のことです。

辛い試練があっても、2人で乗り越えて行ける相手のことです。

この女性の場合、最初の選択眼で、相手を間違えているので、試練が来ると「別れたい…」と思うのだと思います。

ツインソウルと出逢えば、別れる選択はありません。

その理由は明確で、魂の片割れだからです。

出逢えば1つになる運命で、別れようがありません。

例え、相手が既婚であっても、別れることはありません。

それが私の見解です。

ツインソウルとの別れは、選眼美を磨く時です

「ツインソウルと別れたい…」と思ったら、別れを真剣に考えてみるのもありです。

煮え切らない恋愛は浄化し、別れる決断をすることも良いと思います。

但し、男性を決める条件に「肩書+年収+外見=人間性」のような価値観があったことを知ってください。

今回の学びでここをクリアすることが必要です。

次に男性を選ぶ時は「何があっても、共に苦労をできる相手」という条件を忘れないでください。

そうすれば、貴方は幸福になれます。

イケメンでなくとも、年収が低くとも、肩書がなくとも、この条件を外さなければ、貴方は幸福になれます。

今回の恋愛を糧にして、次のステージへステップアップすれば、この体験も無駄になりません。

ツインソウルと別れを考える時、それは審美眼(しんびがん)を磨く時です。

審美眼とは、本当の美しさを的確に見極めること、本質を見抜くこと力のことです。

スポンサーリンク

ツインソウルと思えた人と別れは、貴重な学びです

ツインソウルと思えた人と別れる時、沢山のことが学べます。

本当の自立をするタイミングです。

経済的な自立だけが、自立ではありません。

経済的な自立に加え、自分のことは全て自分で賄える人になることです。

身のまわりのこと、自分に起きたことは自分で解決できること、これも自立の重要な要素です。

幸せになれる女性は、自立した女性です。

自立していなければ、結婚をしても、不仲になる時期が来ます。

それを今、体験できることはある意味素晴らしいことです。

一時、辛いと思いますが、勇気を持って別れ、本物のツインソウルと探すことです。

本物のツインソウルとの出逢いを引き寄せる

また、本当の自立とは、一人で生きて行く勇気を持つことです。

誰にも依存することなく、一人で生きる決断することです。

それが本当の自立です。

ツインソウルは自立した魂の出逢いです。

本当に必要な縁は必ず繋がります。

一人でいる勇気がない人に、神様は、ツインソウルとの縁を与えません。

ツインソウルを無理に探せば、どこかで悪縁と繋がります。

躍起になってツインソウルを探すよりも、審美眼を磨き、自立した女でいることです。

これが、本物のツインソウルとの出逢いを引き寄せる秘訣です。

自立して、審美眼が磨かれると…

ツインソウルとの別れについて、ちょっと厳しいことを書きましたが、是非、この機会に「自立」と「審美眼」について考えてみてください。

この2つが磨かれると、不思議な体験をすると思います。

私の場合、不要な縁を切りまくりました。とくに言い寄ってくる男性は、徹底的に切りました。SNSの友達リンクも整理しました。

すると、自然と審美眼も磨かれて行きました。

そして、サードアイ(第三の目)が開くことになり、まがい物が見えるようになりました。

「それまでの私がいかにまがい物へ目をやっていたのか」が良く分かりました。

まがい物を掴んでいても、何も開きません。

まがい物を放すこと、審美眼を持つこと、これが女の幸福への道です。

「ツインソウルと別れたい…」と思ったら、「自立」と「審美眼」の2つのことを考えてください。

この2つを考えると、取るべきアクションが見えて来ます。

そして、本当の幸福へ向かって時空が動き始めます。

スポンサーリンク

 - ツインレイ ,

error: Content is protected !!