あるある知恵袋

アラフォー女子でスピリチュアルカウンセラーです。エンジェルナンバー、ツインレイ、恋愛、金運のことを書いています。

スピリチュアル、腰痛の意味は?妬み、憎しみ、怒り、お金の心配が原因?

   


こんにちは(^^♪

美優です。

腰痛って嫌ですよねー。腰が痛いと何もできなくなります。

その腰痛、医学的な根拠はありませんが、スピリチュアルも関係ありそうです。

姿勢が悪い、重いものを持ったなど意外に、日頃の想いが腰痛の原因になっているみたいです。妬み、憎しみ、怒り、お金の心配が腰に悪いみたいですね。詳しくお話します。

スピリチュアル的な腰痛の意味は?

突如として襲ってくる腰痛は、スピリチュアルの世界においては主に「怒り」や「トラブル」や「我慢」を意味していると言われています。

それは一言でまとめると、「本来のあなたの状態からずれていますよ」ということでしょう。

そもそも「腰の骨」は身体の中心を支えている骨ですから、「腰痛がある状態=本来の自分からずれている状態」と捉えるのは自然なことだと考えます。

そして私の実体験からしても、腰痛にこのようなスピリチュアル的な意味があるのは、納得です。

今から4年程前、私は毎日のように整骨院に通わなければならないほど、ひどい腰痛に悩まされていました。

当時の私は、その時付き合っていた彼氏から嫌われないために、知らず知らずのうちに我慢を沢山してしまっており、「本来の自分」をどこかに追いやっていた状態でした。

今でも忘れられないのですが、その彼氏と別れた瞬間、嘘のように腰痛がなくなり担当の整体師の先生にもすごく驚かれました。

今思えば、この時の私にとっては彼と離れることが「本来の自分に戻る」選択だったのです。

もしも今あなたが腰痛で悩んでいて、スピリチュアル的な意味を探しているのであれば、まずは「私は今、本来の自分で在れているのか」と自分に問いかけてみてください。

きっと、何か思い当たることがあるはずです。

こうして自分の本心と向き合いつつ同時にマッサージなどで身体的なケアを行い、心と身体の両面から「腰痛」に対処していきましょう。

スピリチュアル、腰痛は「妬み」「憎しみ」「怒り」が原因なの?

腰痛は「妬み」「憎しみ」「怒り」に代表されるような「負の感情」が原因である可能性があります。

なぜならスピリチュアル的に見ると、腰痛はストレスからきているからです。

もしあなたが整形外科や整骨院やマッサージ店に行っても一向に腰痛が改善されていないのであれば、あなたの中にある「負の感情」を昇華させてあげるタイミングなのかもしれません。

「負の感情」を昇華させてあげるのは決して難しいことではありません。

ただ単純に、そういう感情の存在を無視せず認めてあげて、思いっきり感じきってあげるだけでいいのです。

ですから気の済むまで、妬んだり憎しんだり怒ったりしてください。

そうして感じきったあとは、必ず体感として「昇華できた」ことが分かります。その結果、腰痛が目に見えて改善することもあるかもしれません。

ただ私の経験上、「妬み」の感情は人によって昇華させづらいことがあるので要注意です。

「妬み」という感情は不思議なもので、他の負の感情と比較すると「認めづらい」からです。普段から近しい相手に「妬み」を持っている場合は、ことさらにそうなるでしょう。

もし自分が「妬み」を昇華させてあげる必要がある事に気付いたら、「この感情は認めづらいけれど、認めても私に損はない」とまず認識してください。

その上で、辛いかもしれませんが、湧き出る「妬み」の感情に浸かってください。

どんな対処療法を試しても腰痛が改善されない方は、一度、このようなスピリチュアル的な対処法を試してみてはいかがでしょうか。

お金の心配をすると腰痛になるの?対策は?

「お金」とは生活の中心を支えてくれるものであり、「脊椎」とは身体の中心を支えてくれるものです。

スピリチュアルの世界においてお金の心配は、「生活」だけではなくあなたの「脊椎」をも不安定にさせ、腰痛に繋がると考えられています。

上記について医学的根拠はありませんが、「心と身体は繋がっている」と考えると、お金の心配で腰痛になることは、納得の事実ではないでしょうか。

ですから、今あなたが日々の生活を脅かされるほどお金に困っているのであれば、出来るだけ早く毎月安定した収入が得られるような対策をとりましょう。

安定した収入を得られる仕事に就くのも良いですし、働ける状態にないのであれば国の助けをかりれば良いだけの話です。

ただ、この記事を読んでくださっている読者の多くは、日々の生活に困るほどお金に困っているわけではなく、漠然とした「お金の心配」に支配されているだけではないでしょうか。

例えば、会社を退職したばかりであったり、子供にお金がかかるのに自分が働けない状態だったり、将来年金がもらえるか不安だったり、というような状況にいて、先の見えない不安から何となく「お金の心配」をしているだけかもしれません。

日本という恵まれた国で暮らしている私達の場合、実は「お金の心配」というのは大抵、実態がつかめないものです。

ですから、腰痛のスピリチュアル的な原因が「お金の心配」からきていると思う方は、まず実態のない「未来」に振り回されていることに気付いてください。

私達の現実は「今」しかないのですから、普段から意識を「未来」に飛ばすのではなく「今」に集中させてください。

たとえ今、安定したお金を得ることが難しい状況であっても「今」を充実させることに集中してください。

「今」に意識を集中させるという対策をとることで、未来へ不安を抱く自分がバカバカしくなり自然と「お金の心配」が消失し腰痛が軽減する可能性は大いにありえます。

腰痛の前と後で意識が変わった。体験談です。

私は高校生の頃から腰痛に悩まされていたほど、生粋の「腰痛持ち」です。

そんな私ですが、去年(2018年)の11月頃、急にこれまで経験したことのないレベルの激しい腰痛に襲われ、2日間程寝込んでしまいました。

結論から言うと、その時起きた腰痛の「前」と「後」で私は、はっきりと意識が変わる経験をしたのです。

今回は、その時の体験談についてご紹介させていただきます。

スピリチュアルな世界を信じている私は、当時の腰痛が「ただ事ではない」意味を持っている予感がして、あえて整体には行かず、代わりに自分の意識の深いところに入っていくことを心がけました。

そうしたらふと、「この腰痛は私自身の生まれ変わりを意味している」というメッセージが降りてきたのです。

腰は私の身体の中心を支えてくれている場所ですから、私は妙にこのメッセージが腑に落ちました。

それから2~3日も経たないうちに、あれほど辛かった腰痛からいきなり開放されたのです。もちろん、整体もマッサージも利用していません。

腰痛から開放された後、外側の現実で特に何か大きな変化があったわけではありませんでした。

しかし、今にして思えばその時を皮切りに、私の内側では「意識が常に今にある」状態へと大きく変わっていったのです。

自分の意識が常に「今」に在る変わったことで、将来への漠然とした不安は消え去り、
自分との繋がりが深まりました。

それからしばらくして私は「自分の魂が本当にやりたいと思っていること」を見つけたのです。

それが、「スピリチュアルや恋愛を専門としたエッセイストになること」でした。

なので、こうして今、私はこの文章を書いているわけです。

あの時の腰痛によって意識が変わり、自分が本当にやりたいことができるようになった「今」があるので、やはりあの腰痛は私が生まれ変わるための過程だったのだと確信しています。

スポンサーリンク

 - スピリチュアル

error: Content is protected !!